学生なら長期休み利用がオススメです

標準

短期でしっかり稼ぎたい人に

夜勤のバイトは、時給が高い分昼夜逆転生活になる可能性があるので、学生なら通常の授業のある期間は避けた方がいいと思います。夏休みや冬休みなどの長い休み期間を利用して短期集中でしっかり稼ぐことをお勧めします。また短期間勤務では、じっくり教育する時間のある長期間勤務に比べて仕事を早く覚えることが厳しく要求されると思います。そのため、自分が得意とする分野のアルバイトを選んだ方が失敗が少ないかもしれません。

勤務先によっては人員が少ない場合も

3交代制の勤務先では、夜勤の時間帯で人数が少なめに設定されている場合があります。特にコンビニや24時間制の飲食店などでは、客の少ない時間帯にはスタッフも少なくしているところがほとんどです。そのため、犯罪者に狙われやすいというリスクもあります。そういったリスクを避けるため、基本的には2人以上シフトに入っていることが重要ですが、人員不足のため深夜でもスタッフが1人しかいない勤務先も存在します。こういった勤務先には注意が必要です。

体調管理をしっかりしましょう

夜勤のアルバイトは本来人間が活動しない時間帯に働くことになるので、体調管理が大変難しいです。睡眠時間をしっかりとる、用事のない時は家でゆっくりするなど、きちんと体を休めることが大切です。無理をして体を壊してしまっては本末転倒なので、食事や睡眠などの調整は都度行い、健康には特に気を使った生活をしましょう。体の不調や過度の疲労を感じたときは勤務先に相談して休みをもらい、あまりに辛い場合はアルバイトを継続するかどうかも検討が必要になるかもしれません。

コンビニのバイトの仕事は商品の品出しや陳列をするほか、レジでの接客対応などをします。24時間営業しているために夜勤もあり、夜勤の場合日勤よりも給料が高めになるでしょう。